出展企業紹介⑨ 岩谷産業株式会社

2017.03.28 / 出展企業ブログ

出展企業ブログ一覧へ

エコフルタウン出展企業紹介...第9弾!!

このブログでは、参画企業を紹介する内容をコンシェルジュより定期的に発信していきたいと思います。

今回は「水素ステーション」に出展されているもう一つの会社、岩谷産業株式会社の前田さんにお話を伺いました。

コンシェルジュ  前田さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(コンシェルジュ)エコフルタウンに出展されたきっかけを教えてください。

(前田さん)低炭素社会実現に向けて、トヨタ自動車さんと協力して、燃料電池自動車や燃料電池バスの普及をしていきたいと思い出展しました。

(コンシェルジュ)岩谷産業さんならでは!の一押し技術や製品、技術などをお聞かせください。

(前田さん)なんといっても国内最大級の水素圧縮能力を持ち、大容量・直充填が可能なドイツ・Linde社製の

大流量圧縮機を導入している点です。わかりやすくいうと、水素を大気圧の700倍まで圧縮することができて、

それを貯めることなく、車に直接 充填(供給)できるんです。

(コンシェルジュ)だから、燃料電池自動車だけでなく、燃料電池バスにもスムーズに充填できるんですね!

水素を充填するディスペンサー

(コンシェルジュ)岩谷産業さんは環境活動にも積極的に取り組んでいらっしゃるですね。

(前田さん)主には次のようなことに取り組んでいます。

①小中学生に向けて、水素教室を行っています。水素について、模型や展示物を使ってご紹介しています。

②水素ステーションの見学会も行っています。水素社会の拡大にむけて、企業さんを東京や大阪の水素ステーションにご招待して、水素ステーションの機器や供給の流れをご紹介しています。

③燃料電池自動車が普及できる環境を多くの企業さんや団体さんと協力・推進できるように、フォーラムや展示会を開催したり、各種イベントに参加してPRしています。

 

イワタニ水素エネルギーフォーラム開催

(コンシェルジュ)ブログを見られている方にメッセージをお願いします。

(前田さん)水素ステーションでは、気体で水素を充填しております。そのため、「水素は危険!」というイメージをもたれるかと思いますが、「漏らさない・滞めない・着火させない」という厳しい安全基準のもとで徹底管理されていますので、安心してステーションをご利用いただければと思います。

また、ご要望があれば、国内唯一のLinde社製の蓄圧器を間近でご覧いただけるバックヤードツアーも随時開催しています。ぜひ、ご覧いただければと思います。

 

バックヤード内部

(コンシェルジュ)前田さんが描く水素社会の未来や展望をお聞かせください。

(前田さん)2020年、30年には確実に燃料電池自動車が普及していると思います。そのために水素をより安く、安定的に供給できる仕組みをつくることが課題ですね。あと、若い人にもっと燃料電池自動車のことを知ってもらいたいな、と思っています。若い世代の人に“燃料電池自動車ってかっこいいな”と思ってもらいたいことや、若い人に乗ってもらえるような車両や水素の値段設定、水素ステーションの普及を目指しています。

(コンシェルジュ)水素がより身近なものになっていきそうですね。前田さん、本日は詳しく教えて頂きありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「水素ステーション」の場所については、下記のURLをご参照ください。

institution-guide-map_jp-1.pdf

施設紹介のページも是非ご覧ください!

institution_guide/hydrogen_station/

 

詳しく知りたい方は、下記URLをご参照ください。

岩谷産業株式会社→http://www.iwatani.co.jp/jpn/