施設紹介

スマートハウス クルマとつながる家

人によりそい、豊かな明日を感じる住まいをコンセプトにかしこくゆっくりと暮らすことのできる家を体感することができます。
家庭で使用するエネルギーを創る・蓄える・節約するという3つの視点で、生活者にとって、環境面・コスト面などで常に最適な状態に制御する「かしこい家」です。ここでは、無理なく、無駄なく、快適なエコライフを提案します。

詳しくはこちら

【用語解説】
・スマートハウス
IT(情報技術)の活用により、創エネ機器(太陽光発電など)や蓄エネ機器(蓄電池など)、省エネ機器(省エネ家電など)をコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、家庭内のエネルギー利用を最適化するかしこい住宅です。

・HEMS(ヘムス)

Home Energy Management Systemの略で、家庭用エネルギー管理システムのこと。家庭に設置された創エネ機器(太陽光発電など)や蓄エネ機器(蓄電池など)、省エネ機器(省エネ家電など)を情報ネットワークでつなぎ、家庭内のエネルギーの利用状況の見える化を図るとともに、エネルギー利用の最適化を行う機器です。


・PHV(ピーエイチブイ)

Plug-in Hybrid Vehicleの略で、プラグインハイブリッド車のこと。家庭用電源から充電して、バッテリーに蓄え、その電気でモーターを回して走る電気自動車として使うことができ、電気がなくなればハイブリッド車として走ることのできるクルマです。


出展:トヨタホーム㈱